「何を創造するのか?」が、あなたの○○です。

〔スピリチュアル〕
スポンサーリンク

 「スピリチュアルライフ」を志すあなたが、「創造力」を発揮して思い通りに生きるための最初にすべきことが、この記事で解かります。

〔指揮者/日本語教師/セラピスト/タロット占い〕など9つの世界に導かれてたどり着いた【願いを叶えた人たちの共通点とあなたの現在地から導き出す】知性的スピリチュアルライフアドバイス♪-「赦し」こそが スピリチュアルな真の目覚め〔あなたのお悩み相談室〕の〔柴田 謙〕です。

 2006年頃に紹介されて、大ブームになった「引き寄せの法則」も、今では、スピリチュアル界隈ではすっかり市民権を得ました。

 でも、実際にその恩恵に授かれる人は少なくて、再現性も低いことから、一般社会での市民権はさっぱりです。

 今回は、再現性を上げるための知恵を、「スピリチュアルライフ」的な視点から、僕のお気に入りの「聖書」の言葉を借りて考察してみたいと思います。
この一冊で充分!「人類史上最強のスピリチュアルブック」
この記事で、本棚に詰まった「もぅ読まへん蔵書」を処分する気力が湧き上がります。
 さて、人は「神に似せて創られた」ので、僕たちは「神の子」です。

 そして、「神に似せて創られた」以上、神さまと同じように「自由意志」と「創造力」を与えられてます。

 晩ごはんに、フカヒレのアヒージョを作るか、タイのアックアパッツァを作るか、好きに決めれるよ…ってことです。

 この地上世界では、「祈り求めるものは、既に得られたと信じなさい。そうすれば、その通りになる」と記された「引き寄せの法則」の働きによって、「創造力」が発揮されます。

 でも、この「法則」が、「既に得られたと信じられる望まへんもの」も「その通りになる」っていう「諸刃の剣」であることは、あんまり理解されてへんので、その点がしっかり理解されれば、その恩恵に授かれる人も増えるのになぁ…と、僕は考えてます。

 そして、「既に得られたと信じる」方法として、「願望実現系スピリチュアル」で数々の「実践ワーク」が紹介されてますけど、いかんせん、生まれ育った環境で学んで身に着けた「信念」が邪魔して、「既に得られたと信じられる望まへんもの」の方ばっかりが実現してしまいます。

 生まれ育った環境で学んで身に着けた邪魔な「信念」が強いと、「既に得られたと信じられる望まへんもの」の方が、イメージしやすいからです。
「スピリチュアルワーク」が効かへん理由
あなたがもし「スピリチュアルワーク」に「効果がない」と感じてはるんやったら、この記事で、その理由と対策が解ります。
 その、邪魔な「信念」を「赦す」手段として、「瞑想」「アファメーション」「マントラ」「ヒーリング」「カウンセリング」「占い」…といった「スピリチュアルワーク」が盛況なんですけど、ハッキリ言ってイマイチです。

 そして、「何を食べようか、何を飲もうか、何を着ようか…と言って、思い悩むな。それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存知である。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」…と、「神の国と神の義を求める」という「スピリチュアル的側面」の大切さも記されてます。

 また、「そのように、あなた方の光を人々の前に輝かせ、そして人々が、あなた方の善い行いを見て、天におられる、あなた方の父を崇めるようにしなさい」と、「あなた自らが光を輝かせなさい」とも記されてます。

 「神の国と神の義を求める」や「あなた自らが光を輝かせる」といった「行い」は、「スピリチュアル的側面」を採り入れるか否かを、自身の「自由意志」によって決めなさい…と言われてるワケです。

 「法則」が、「望まへんもの」も「望むもの」も、より「既に得られたと信じられる」方が「その通りになる」っていう「諸刃の剣」であることも、「自由意志」が与えられてる証です。

 その上で、「祈り求めるものは、既に得られたと信じなさい。そうすれば、その通りになる」を読み返せば、あなた自身が「何を創造するのかを決めなさい」と言われてることが解かります。

 だから、「自由意志」で以って「何を創造するのか?」を決めへん間は、「実践ワーク」も「スピリチュアルワーク」も効果がないんです。

 要するに、「何を創造するのか?」を決めることが、あなたの最初の「創造」なんです。

知性的スピリチュアルライフアドバイザー 柴田 謙

「アタシの悩みの場合はどぅなんやろう」とか、
「直接話を聞いてみたいなぁ」と思った方は、
こちら ⇒〔お問い合わせ〕

30日で資格を取ってプロになれる通信講座

マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス

30歳からの大人婚活!【華の会メールBridal】

コメント

タイトルとURLをコピーしました