「ブロック」「制限」「自分に許可を出す」って、何?

〔スピリチュアル〕
スポンサーリンク

 この記事を読むと「ブロック」「制限」「自分に許可を出す」が重要視される理由が解かって自分の限界が突破できます。

〔指揮者/日本語教師/セラピスト/タロット占い〕など9つの世界に導かれてたどり着いた【願いを叶えた人たちの共通点とあなたの現在地から導き出す】知性的スピリチュアルライフアドバイス♪-「赦し」こそが スピリチュアルな真の目覚め〔あなたのお悩み相談室〕の〔柴田 謙〕です。

 スピリチュアル系のブロガーさんやYouTuberさんたちがよく言う「ブロック」「制限」「自分に許可を出す」を、僕なりに考察してみます。

 「逆上がりなんかできる気がしぃひん」…これが「ブロック」や「制限」です。

 意識を向けた時に「よりリアルにイメージできる結果」を実体験する「引き寄せの法則」に則って、小学生の頃の僕は、その「ブロック」の通り、逆上がりが出来ませんでした。

 高校生になって身体が大きくなった僕は、「出来そうや」と、「ブロック」を解除できたんで、逆上がりが出来るようになってました。

 大人になった僕たちは、「年収」に意識を向けた時「年収¥300万円が妥当な自分」と「年収¥5,000万円が妥当な自分」っていう「観念」の「結果をよりリアルにイメージできる方」を無自覚に「選択」し、その「選択」に基づいた「行い」を習慣化して身に着けた「信念」を上書きし続けてます。

 そして、その通りの現実を実体験します。

 「¥300万円が妥当や」と思ってる人が「¥5,000万円へのキャリアアップを狙う」ってことは発想にないから、自分の「妥当や」と思う世界に留まるんです。

 これが、「ブロック」や「制限」による影響の実態です。

 このことから、誰もが「引き寄せの法則」を実体験してることが解かります。
言われてみれば!?あなたも体験してる「引き寄せの法則」
「引き寄せ体験なんてないんです」とガッカリしてるあなたにも「実際に引き寄せが起こってることを証明する」お話です。
 そぅいうワケで「¥300万円を¥5,000万円に」といった感じで「リアルにイメージできる結果を変えること」が「自分に許可を出す」ということです。

 ところで、この「年収¥300万円が妥当な自分」は、どこから来たんでしょうか?

 答えは、あなたが「生まれ育った環境」で、その「ブロック」や「制限」の正体は、生まれ育った環境で学んだ「観念」に基づく「行い」を習慣化して身に着けた「信念」です。

 だから「自分に許可を出す」っていうんは「リアルにイメージできる結果を変えること」なんです。

 違う見方をするなら「年収¥5,000万円が妥当」やと思ってる人は、「年収¥5,000万円が妥当な自分」という「ブロック」をかけてる…とも言えるワケです。

 どっちの「ブロック」の方が好いですか?

 僕は「¥5,000万円」を「熱望」してるんですけど、なかなか「ブロック」や「制限」は解けません。

 アドセンス広告で見かける「無料のブロック解放ワーク」も、僕にはさっぱりでした。

 「信念」と化した、生まれ育った環境で学んだ「観念」は執念深く、もぅ、ほとんど生霊の怨念の如く、人生について回ります。

 夜中の歯磨きで無意識に鏡を見ぃひんようにするんは、「潜在意識」の影響下に置かれた「鏡にアレが映り込む」っていう「信念」の働きで、「アレはいません」の「熱望」をかき消します。

 アレが事実かどうかは無関係で、「潜在意識」下の「信念」に、僕たちは無自覚に振り回されてしまう..ってことです。

 自身の実力や可能性とは無関係に、「潜在意識」の影響下に置かれた「¥300万円」の「信念」が「¥5,000万円」の「熱望」をかき消してしまうんです。

 どぅにかして、身に着けた「信念」とは違う見方をすることが「自分に許可を出す」ということです。

 「友好的なアレもいる」という見方に変えるんです。

 「ブロックをかけ替える」と表現しても面白いかも知れませんけど、いずれにしろ、身に着けた「信念」で、僕たちは自他を査定します。

 そして、その「自他への査定」をやめることを、「赦し」と言います。

 もぅ少し正確に言うと「自他を査定対象から外すこと」です。

 「ブロック解放」とか「制限を手放す」とかは、このことを言ってて、要は、身に着けた「信念」で「自他を査定するんはやめときましょう」ということです。

 自己査定を始めると「まだまだ足りひん」とか「自分はイケてへん」「自分はせいぜいこの程度」と「裁きたくなる」んが人情です。

 でも、「裁き」と「愛」は両立しぃひんから、自身を「裁き」に掛けることで、自身を愛せへんくなります。

 「赦し」のないところには、「愛」が流れ込む「余地」がなくなるからです。

 「愛」が流れへんかったら「スピリチュアルライフ」は成立せぇへん…っていうんは、感覚的に解かると思います。

 だから「スペース」とか「空間」とも言われる「余地」を作るために、「ブロック解放」とか「制限を手放す」とか「自分に許可を出す」といったテーマで、みなさん一生懸命解説してくれてはるんやと、僕は考えています。

知性的スピリチュアルライフアドバイザー 柴田 謙

「アタシの悩みの場合はどぅなんやろう」とか、
「直接話を聞いてみたいなぁ」と思った方は、
こちら ⇒〔お問い合わせ〕

在宅で簡単に資格取得できる人気の通信講座【SARAスクール】

仕事と育児を両立する賢いキャリア選択!【ママキャリ】

30歳からの大人婚活!【華の会メールBridal】

コメント

タイトルとURLをコピーしました